電話でのお問い合わせ

045-341-0524

基本構造・性能

基本構造・性能

夏も涼しい特許取得のクールーフ工法

夏も涼しい特許取得のクールーフ工法

天然石葺きのクールーフ工法は、屋根部の熱を自然の風力で換気することが可能。従来の屋根以上の涼しさを実現でき「夏場にエアコンをつけずに過ごせる」というお宅もあり、省エネで過ごしやすい空間です。

燃えにくい漆喰や炭化コルクを使用した耐火構造

燃えにくい漆喰や炭化コルクを使用した耐火構造

漆喰と炭化コルクを組み合わせることで、耐火性が上がり国土交通省の厳しい試験をクリアし、30分防火構造の認定を取得しています。
オリジナル漆喰の主成分は、熱に強く燃えにくい石灰岩。昔の城や蔵が漆喰で塗られていたのも、漆喰が火に強いからなのです。 
美ら家2000では外壁、内壁、天井がオール漆喰塗りなので、防火対策も万全です。
また、万が一燃えた場合でも、化学建材のようにダイオキシンなどの有害ガスが発生することはありません。

伝統的な木造軸組工法を採用

伝統的な木造軸組工法を採用

構造柱や土台には、無垢材の杉や檜を使用しています。
それは木自信が虫やバクテリアといった外敵から身を守るために、殺菌殺虫効果のある天然の化学物質を出しているので天然の防虫効果があります。
また、一般の構造材としてよく使用される集成柱は、木材同士を付ける接着剤の寿命とともに割れや剥離の危険性が高まるだけでなく、有害な化学物質を含む接着剤を使用しているため、美ら家2000では使用しません。

自然素材で作るロングライフ住宅

自然素材で作るロングライフ住宅

美ら家2000は、本物の素材で家を建築しているので建材が劣化することはありません。また、外壁は「漆喰塗り炭化コルクWALL」の工法なので、一般的なサイディングの壁のように継ぎ目がないことから、太陽光の紫外線により約10年しか持たないシーリングが不要です。
また、サッシ周りには、万が一壁に水が入ってもそれを外に排出する独自の工法(特許取得済)も採用しています。
以上のことから素材や工法により長寿命な家を実現することができるのです。

自然素材で作るロングライフ住宅

耐震等級3同等の耐震性を兼ね備えています

耐震等級3同等の耐震性を兼ね備えています

美ら家2000では「ブレースリー®」を標準装備。
ブレースリーは、アルミ製の筋かいに履歴ダンパーと呼ばれるアルミ押出形材を内蔵した制震ブレースです。
このアルミダンパーの塑性変形によって生じるエネルギー吸収機能により安定した減衰性能を発揮し、地震の揺れを30~50%低減します。

安全な自然素材「ホウ酸」による防腐・防蟻対策(ボロンdeガード工法)

安全な自然素材「ホウ酸」による防腐・防蟻対策(ボロンdeガード工法)

ホウ酸は土壌、海水、温泉、目薬など、身の回りのどこにでもある鉱物由来の安心安全な素材です。揮発することもなく、効果も長期持続します。人やペットにはやさしく、シロアリや害虫に厳しく作用するメカニズムがあります。

自然素材で厳しい省エネ基準をクリアした暖かい家。

美ら家2000は、2020年の省エネ義務化基準をクリアする仕様となっています。
冬でも快適で居心地のいい空間を保つことが出来ます。

2020年の省エネ義務化基準

1999年に制定された次世代省エネ基準では、住宅の外皮だけを断熱性能の観点から評価していました。しかし、これでは実際に住宅を購入する消費者が省エネ性能を判断しづらいというデメリットがあり、これを受け2013年に新しく定められたのが改正省エネ基準です。
この基準では、住宅と建築物の一次エネルギーの消費量を基準にした断熱性能、設備性能を含め総合的に判断できます。
この改正省エネ基準が2020年からどの住宅にも義務化されます。

自然光の入射角度を計算したパッシブデザイン

自然光の入射角度を計算したパッシブデザイン

美ら家2000のプランは、夏の入射光をカットし、冬に自然光を取り入れる設計にしています。
機械に頼りすぎず適度に自然の力を利用して暮らすことが出来ます。

自然光の入射角度を計算したパッシブデザイン

壁体内結露を防ぐ工法

壁体内結露を防ぐ工法

昨今、住宅の「壁体内結露」という問題が取り上げられ、種類も「夏型結露」と「冬型結露」があります。水蒸気を蓄えた暖かい空気は乾いた壁の内部に侵入します。湿気の少ない方に流れる水蒸気圧の性質から、冬は室内から室外に、夏は室外から室内へ移動します。
きちんと対策を取っていない場合は、右図のそれぞれの壁面箇所に内部結露をおこしてしまいます。

美ら家2000では、いかなる季節においても壁体内に湿気を通さないよう対策を施しています。万が一湿気が壁の中に入った場合でも、漆喰と炭化コルクの透湿しやすい素材を使用することによって、壁体内に湿気がこもらない仕組みになっています。
また、外壁面を炭化コルクで包むことで、建物自体の湿度のバラツキを少なくすることが出来ます。
自然素材ならではの特性も活かした工法で内部結露の発生が抑えられ、いつまでも頑丈な住まいを維持し続けます。

結露を抑える自然素材で快適な室内環境を

結露を抑える自然素材で快適な室内環境を

美ら家2000の内壁や天井に使用しているオリジナル漆喰は、床材や建具の無垢材と合わせ、優れた調湿性能を発揮します。
室内の室温が適度に調節されるので結露を抑制し、心地よい空間が保たれます。

オリジナル漆喰の優れた調湿作用が室内の温度変化を緩和

オリジナル漆喰の優れた調湿作用が室内の温度変化を緩和

無添加住宅の「オリジナル漆喰」が夏季冷房におけるエアコンの消費電力を削減する「省エネ性能」を合わせ持つことを実建物を使った測定実験で検証し、結果一般的なビニールクロス内装仕様の居室より、オリジナル漆喰内装仕様の居室が約16%の省エネ効果があることが実証されました。

pagetop